香港英語版Norton先生のインストール

注意
この内容はメーカーのライセンス違反になる可能性があるので、自己責任で行ってください。
—————————————————————————

Norton Internet Securityのライセンスが期限切れになりました。
以前に中国語版のライセンスを購入したので、国識別に対応したNortonに乗り換える必要があります。
今回は日本語版をアンインストールして香港英語版をインストールしました。
30日の試用期間があるので、まだ購入したライセンス番号は入力していません。
—————————————————————————
(2014/11/16 追記)
簡体字中国語版のライセンスで香港英語版を含むアジア圏の英語版は使えませんでした。
おとなしく簡体字中国語版を使うことになりそうです。
よってこの記事は体験版のインストールまでとします。
—————————————————————————

以前の記事
淘宝(タオバオ)から中国版のNorton先生を購入する

まずはSymantecのサイトから体験版をダウンロードします。
日本から香港のサイトに移動します。
NIS2014_1

DownloadsからTrialware – Norton Internet Securityを選択します。
NIS2014_2

Download Free Trialでダウンロードします。
このときは200MBほどのファイル、NIS-TW-21.1.0-EN-ROW.exeがダウンロードできました。
NIS2014_3

次に日本語版をアンインストールします。
途中で設定を残すか聞いてきます。結論を言うと、設定を残しておいても問題はありませんでした。
英語で設定するのが面倒なので、残しておけば良いかと思います。
NIS2014_4

日本語版のアンインストール手順の最後にOSの再起動があります。
再起動後、NIS-TW-21.1.0-EN-ROW.exeを実行して香港版のインストールをします。
ここからは英語のウィザードになりますが簡単な英語なので大まかには理解できるかと思います。
逆に、書いてある事が理解できない人は英語表記を使わない方が良いです。
途中でライセンス番号を聞かれます。購入したライセンスを入力するとこの日から2年分のカウントが始まりますが、下にあるTry Laterをクリックすると30日間の試用期間が付くのでライセンスが1か月延びます。(要Nortonアカウント?)
3台のパソコンに同一のセットアップからNortonのインストールをしましたが、別の試用用Product Keyが発行されるようなのでNortonアカウントが同一でも、どのパソコンでも試用できます。
NIS2014_5

インストールが完了しました。
アップデートもスキャンも正常に動作します。
NIS2014_6

スポンサード リンク

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。