SHARPの電力モニタについて

はじめに

注意
この内容は機器が使用不可になる可能性があるため、自己責任で行ってください。

先日、我が家で稼働を始めた太陽光発電の電力モニタについて、分かったことを残しておきます。

以前の記事
パナホームの家だけどシャープの太陽光パネルを設置してみた

電力モニタについて
型式 SHARP JH-RWL7W
バージョン番号 Ver.9.01
ビルド番号 0027

サービスマンモード

設置工事中に作業者の方の横に居たら、サービスマンモードの入り方を見ることができました。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
ホーム画面で、ホームボタンと太陽光パネルの絵を5秒間押し続けます。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
通常は見ることができない、電圧抑制履歴やエラー履歴、温度抑制履歴を見る程度でしょうか。
間違っても設定を変更してはいけません。

サービスマンモード(ソーラー)1/3

接続機器設定 積算設定 パワコン入力
整定値変更 電圧抑制
履歴
電力量表示
エラー履歴 温度抑制
履歴
データ初期化

サービスマンモード(ソーラー)2/3

データ移動 通信ログ
表示
有線/無線
接続
窓口番号
設定
シャットダウン
ダミーデータ送出
テスト(管理者用)
バージョン確認

サービスマンモード(ソーラー)3/3

日付・時刻

サーバ

ポートスキャンをしたら21(FTP)と80(HTTP)のポートが開いていたので、コマンドを送ってみました。(電力モニタのIPアドレスを192.168.0.110とする)
FTPはvsFTPd(2.0.7)、HTTPはlighttpd(1.4.29)が動作しているようです。

ftp 192.168.0.110

192.168.0.110 に接続しました。
220 (vsFTPd 2.0.7)
200 Always in UTF8 mode.
ユーザー (192.168.0.110:(none)): root
331 Please specify the password.
パスワード:
530 Login incorrect.
ログインできませんでした。
ftp> quit
221 Goodbye.

telnet 192.168.0.110 80

Trying 192.168.0.110…
Connected to 192.168.0.110.
Escape character is ‘^]’.
HEAD / HTTP/1.1
HTTP/1.0 400 Bad Request
Content-Type: text/html
Content-Length: 349
Connection: close
Date: Sun, 04 Jan 1970 13:23:20 GMT
Server: lighttpd/1.4.29
以下略

以上。

スポンサード リンク

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。