スノーウェーブパーク 白鳥高原

平野でも厳しい寒さと積雪があり、今週末はゲレンデの雪質が良さそう、でも混雑は嫌というわけで、スノーウェーブパーク 白鳥高原に行ってきました。
このあたりのゲレンデは奥美濃のゲレンデの中でも、交通の便が悪いところにあって、あんまり人が来ないんです。
白鳥ICから国道156号を20分、さらに険しい山道を20分かかるので。

今回、高速から初めて行ったのですが、白鳥ICから国道156号に出る信号が短すぎです。
信号待ちの列に入って、5回信号が変わるのを待ちました…

今日は道路の凍結が少なかったので良かったですが、ゲレンデの近くは、たまにスタックした車が道路を塞ぎます。
標識を見ていたら、斜度14度とかありました。
雪の量や質が良くて、混雑しにくいから、苦労してでも行くんですけどね。

のんびり出てきたので、ゲレンデ到着は8時を過ぎてしまい、遠い駐車場でした。
気温-6度、新雪があちこちに残っていて、雪質は文句なしです。

初めて来た人が多いのか、自動開閉のフード付きリフトで同席するたびに説明を3回しました…
クワッドの降りて右側の一部は、FREAKが貸切で練習していたみたいです。
こちら側には、クロスコースと小さいキッカーが2つだけだったので、あんまり魅力がなかったです。

主に、クワッドを降りて左側をまっすぐ降りていました。
ここなら、中級の斜面も、2連キッカーも、アイテムも楽しめるので。
今日はレールに初挑戦してみましたが、思っていたより安定して乗れます。

最近、キッカーやアイテムで、バーを使って、撮影をしている人を見かけます。
楽しそうなので、見ていたら、やりたくなりました。
バーが5千円程度らしいので、そのうちに買うかも。

12時頃に足に違和感を覚えて、見たら、BOAのワイヤーが切れていました。
ブーツをレンタルする気にならないのと、レストランが混雑していたので、駐車場に戻ってカップ麺をたべていました。
帰り支度をして、ブーツを買いに、板を乗せたまま、ヒマラヤに向かいます。
1日券と食事券をセットで購入していたのに、もったいない。

スポンサード リンク

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。