野村證券の株を楽天証券に移管する

はじめに

野村證券でMTG(7806)のIPOに申し込んだら、100株だけ補欠当選しました。
すぐ手放すつもりはないので、とりあえず長期保有の予定です。

しかし、私のメインの証券会社は楽天証券なので、管理のしやすさのために株を移管することにします。
野村證券の移管手続きの情報が少ないようなので、覚書を兼ねて残しておきます。

移管手数料について

野村證券の移管手数料は次の通りです。

野村證券から他の証券会社に、国内株式を移管する場合の手数料について教えてください。
https://www.nomura.co.jp/support/faq/commission/170511_23.html

今回の場合は1売買単位なので、手数料が1,080円になります。
値嵩株なので、貸株にしたら手数料くらい稼げるかと思い計算したら、株価7,500円、貸株料0.1%、税金30%とすると、ペイするのに2年くらいかかりますね。
売るつもりはありませんが、売却益が十分確保できそうなので、手数料の回収は考えないことにします。

移管手順

野村證券から移管するには、電話にて連絡するしかないようです。

野村ネット&コール
http://www.nomura.co.jp/branch/branch/netcall.html

音声ガイダンスが流れるので、プッシュボタン2[各種お手続きについて]を選択します。

自動音声受応対サービス
http://www.nomura.co.jp/support/inquiry/ivr/custmor_support.html

オペレータにつながるので、株の移管をしたいことを伝えます。
郵送で書類が届くので、必要事項を記入して送り返すとのことです。

手数料についても知りたかったので聞いてみると、口座を調べてくれました。
氏名と生年月日を伝えるだけで、調べてくれます。
移管元が特定口座だったので、移管先も特定口座であるか確認されました。
移管手数料は、証券口座に入金しておけば、引き落とされるそうです。

書類の送り先が口座の住所で変わりないことを確認されたのと、差し支えなければ移管先の証券会社を教えてほしいとのことだったので、正直に楽天証券であることを伝えて、電話は終わりました。

電話から1週間ほどして、野村證券から移管報告書が届くので、太線で囲まれた箇所の必要事項を記入して、返信用封筒で送り返します。

移管先口座の情報は、各証券会社から入手できます。 楽天証券について言えば、「お客様情報一覧」にある「基本情報・マイナンバー・口座(NISA・特定・未成年)」に全て記述されています。

移管完了

最初の電話から2週間ほどで移管が出来ました。
日付と経緯を載せておきます。


7/11 12時 野村證券TEL
7/17 移管報告書の到着
7/18 移管報告書の返信
7/25 野村證券から手数料が引かれる
7/26 移管完了


スポンサード リンク

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。