スマホで疑似的に発電

中部電力のアプリ、これからデンキを始めました。

これからデンキ
https://korekaradenki.chuden.jp/

歩数で発電

スマホがカウントした歩数によって、疑似的に「デンキ」が貯まり、電気料金の清算に使えます(要、中部電力との電力契約)。
(デンキポートという、Qi規格のワイヤレス充電器がありますが、こちらは「デンキ」の表示機能だけで、電気料金が安くなるわけでは無いようです。)

先日、10キロのマラソンに参加したところ、15,270歩カウントされ、15ワット貯まりました。
1,000歩 = 1ワット、1,000ワット = 23円 ですから、電気料金0.345円分ですね。
もっとも、マラソンの1歩とウオーキングの1歩で差が無いので、負荷が軽い貯め方をおすすめします。

プチ太陽光発電所で発電

またオプションとして、年間1,000円(税抜)で50cm×50cm相当のプチ太陽光発電所を所持でき、「デンキ」を貯めることができます。
発電量は、実際に三重県鈴鹿市にある太陽光発電所と連動していて、年間1,000円以上の「デンキ」が貯まるようです。
発電所の価格が税込1,080円(消費税率8%)なので、最低でも利回り8%は超えてほしいですが、上場インフラファンドの利回りが6~7%なので、難しいかもしれません。

ちなみに発電所の場所について、発電所のマップを公開している、エレクトリカルジャパンで調べたところ、道伯町に株式会社シーエナジー(中部電力グループ)が管理している太陽光発電所が見つかったので、ここではないかと考えています。
https://goo.gl/maps/hgBuBSFZFpA2

エレクトリカルジャパン
http://agora.ex.nii.ac.jp/earthquake/201103-eastjapan/energy/electrical-japan/


1年経過して結果が見えてきたら、追って連絡します。


2019/07/18 追記

私の場合、「デンキ」は2か月後の電気料金にポイント充当額として反映されています。
単価は約23円/1000ワットです。計算が微妙に合わないのは、「デンキ」の集計期間がズレているかと。(ここではアプリの関係上、「デンキ」の集計期間は1日から月末までとしています。)

デンキ ポイント充当額 単価 (円/1000ワット)
2,431ワット (2018年12月) 56円 (2019年02月) 23.0
3,072ワット (2019年01月) 71円 (2019年03月) 23.1
3,111ワット (2019年02月) 71円 (2019年04月) 22.8
4,862ワット (2019年03月) 111円 (2019年05月) 22.8
5,423ワット (2019年04月) 124円 (2019年06月) 22.9
6,344ワット (2019年05月)

スポンサード リンク

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。