滝の数が日本一の町と日本一の溶岩流

9月15日は、大学時代の連れと共に、下呂市にある厳立峡に行ってきました。

8時半に車で扶桑を出て、途中の道の駅で早い昼食を済ませて、がんだて公園駐車場には11時半に到着しました。
観光案内のリンクを張っておきます。

がんだて公園周辺コース
http://www2.city.gero.lg.jp/HP/mori/kairou/2101ganndate.pdf

根尾の滝遊歩道
http://www2.city.gero.lg.jp/HP/mori/kairou/2102neono.pdf


今回はスマートフォンのGPSを使って、ルートをトラッキングしました。
がんだて公園からどんびき平まで往復した後、根尾の滝の駐車場へ車で移動して、根尾の滝まで往復しています。
30代のオジサンが少し早いペースで歩いています。

ルートラボ
http://yahoo.jp/5QpJfN

Googleマップ
http://goo.gl/maps/IO60i

総距離: 17.14km(10.6マイル)
合計時間: 4:42:45
移動時間: 1:55:52
平均速度: 3.64km/時(2.3マイル/時)
平均移動速度: 8.87km/時(5.5マイル/時)
最高速度: 43.20km/時(26.8マイル/時)
平均ペース: 16.50分/km(26.6分/マイル)
平均移動ペース: 6.76分/km(10.9分/マイル)
最速ペース: 1.39分/km(2.2分/マイル)
最大標高: 1041m(3416フィート)
最小標高: 707m(2320フィート)
標高の上昇: 1557m(5109フィート)
最大傾斜: 15 %
最小傾斜: -15 %
記録: 2012/09/15 11:34

11時36分
がんだて公園の駐車場に到着すると、早くも溶岩の絶壁「厳立」が出迎えてくれます。
このあたりは5万4千年前に御嶽山の溶岩が流れてきていて、それが日本一の溶岩流だそうです。


滝見遊歩道は整備されているので、スニーカーでも問題なく登れます。
ここは軽装の人ばかりなので、35リットルのザックと登山靴は装備を間違えたかなぁと思いました。


御嶽山系からの透明度の高い水が流れています。
9月中旬でも日中は暑いですが、木々が日差しを遮ってくれるのと川のおかげで、ひんやりしています。


溶岩が川によって浸食された地形で、柱状節理の角ばった岩が見られます。
ここらに生えている木は、切り立った地形のために難儀な生え方をしていて面白いです。


11時46分 「三ツ滝」到着
名前の通り三連の滝があるのですが、上段の滝が奥の方にあって1枚の写真に3つの滝を収められませんでした。


12時25分 「あかがねとよ」到着
風変わりな滝です。
水量がチョロチョロなので、滝壺から地中に流れているようです。


12時31分 「唐谷滝」到着
「あかがねとよ」の隣にある滝ですが、こちらは轟音を立てて流れています。
落差は少ないのに、迫力に圧倒されます。


12時48分 「どんびき平」到着
正式名称は「中崎台湿原」と言うそうですが、あんまり湿原っぽくなかったので、ただ眺めただけです。

2時間かけてがんだて公園に戻ってきて、そこから車でダートを登ります。
道幅が狭いので、対向車とすれ違うのも一苦労です。


13時49分 「根尾の滝」駐車場到着
旧御嶽登山道2合目の看板が立っています。

先の厳立峡の遊歩道と変わって、整備されていない道を歩きます。
すれ違う人も登山靴とザックとストックを持っている人の割合が多くなります。

スニーカーでも行けるということですが、崩落個所があったりするので、登山靴を履いていくことをお勧めします。
写真の彼は登山靴を履いていても滑落しました…


長閑な川に沿って木陰を歩きますが、川は眼下なので暑いです。


途中に吊り橋があると、ワクワクしませんか。


14時13分 「あまどり岩」到着
展望台があるので、休憩にちょうどいいです。


14時42分
河原に抜けるので、岩を超えながら登ります。
滝が近くなると、足場やら梯子が出てきます。


14時46分 「根尾の滝」到着
日本の滝百選に選ばれた滝です。

看板が出ているところは滝壺から離れているので、近くまで寄ってみました。
川の反対まで岩を飛び越えて渡らなければいけないのと、滑りやすい岩伝いに近づかなければいけないので、少しでも不安のある人は行かない方が良いです。


近づいた人だけ、落差63mの水しぶきを、たっぷり浴びられます。
ちょうど日が差して、二重の虹が出てきました。
虹は手を伸ばせば掴めそうな至近距離でした。


帰り際に、ひめしゃがの湯で汗を流しました。
酸化して茶褐色になった温泉が特徴的です。
日本一の炭酸泉で、飲めば胃腸に効きます。


前年の冬に訪れたばかりでしたが、そのとき温かかったはずの源泉が冷たくてガッカリしました。
実は源泉の温度は24度で、冬は暖かく夏は冷たく感じる温度だったというオチなのですが。

夕食は下呂温泉にある郷土料理店、山びこにてあまごのから揚げ定食(1300円)です。
あまごは頭からパクリといけます。


スポンサード リンク

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。