ウィングヒルズ白鳥高原 オープン2日目

いよいよ奥美濃のゲレンデのシーズンが始まりました。
オープン2日目のウィングヒルズ白鳥高原です。

例年、ここのアイスクラッシャーは他のゲレンデより粒が細かくて滑りやすく、評価していたのですが、今年は固められていてカチカチでした。
昨シーズンの雪が無くて閉鎖を受けて、融雪対策なんでしょうか。

前日のオープン日でコース幅が広がっているので、端の雪の薄いところが比較的すいています。
PIS LABが引いてあるので、少々雪が無くても板のダメージが少なくて良いです。

この時期の特典は、紅葉とボードを一緒に楽しめることです。
21日にオープンする向かいの白鳥高原も、準備が進んでいました。

11時くらいから雨が降り出し、一気に人が減りました。
リフト待ちが無いので、ずぶ濡れになっても滑っていましたが、ブーツ、ウェア、グローブ各々に水がしみてきて、体も追いつかなくなったので13時過ぎに帰りました。

スポンサード リンク

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。