YONEX試乗会 チャオ御岳 2012/12/16

12月16日は、チャオ御岳に行ってきました。
ダイナランドで行方不明になった板の代わりに、借り物の板を持って。
当日の天気は晴れで、日向には滑りやすい雪が乗っていますが、日蔭はアイスバーンになっています。

たまたまYONEXの試乗会をやっていたので、12-13最新モデルを何枚か試乗させてもらいました。
メモ代わりに板の感想を載せておきます。
あくまでも、経験の少ない一素人の意見として取り扱ってください。

試乗者の情報
・身長 180cm
・体重 65kg
・年齢 31歳
・板の履歴 Libtech SkateBanana 08-09 156cm(ロッカー)を約3年間使用

YONEX NEXTAGE NX12 156cm


フリーランに適した板をお願いしたら出てきた板です。
このタイプの板では売れ筋だそうです。
キャンバーのディレクショナルで、重さは軽いです。
反発が良いので、オーリー/ノーリー共に高く飛べるので、回転系のグラトリが綺麗にできます。
高速滑走の安定性は抜群、アイスバーン上のエッジの掛りも良く、圧雪上は安心して滑れます。
ディレクショナルですが、スイッチでも違和感が気になりませんでした。

YONEX 4XP DC XPDC12 152cm


ダブルキャンバーのツインチップで、重さは軽いです。
柔らかめの板なので、プレスはしやすいし、オーリー/ノーリーの高さもそれなりに出ます。
慣れだと思いますが、回転系のグラトリの踏み込み時に板が安定しなくて、その影響で着地に失敗することがありました。
高速滑走の安定はイマイチ、アイスバーン上でエッジが抜けることもあります。
初めて乗る特性の板で、扱いにくく感じます。
オールラウンドというふれこみですが、裏を返せば、中途半端です。

YONEX 4XP FC XPFC12 153cm


フラットのツインチップで、重さは他のより重く感じます。
前述の4XP DC XPDC12と同じくらいの柔らかさです。
オーリー/ノーリーは、高さが出ません。
YONEXの人が言うには、ノーズやテールの端で弾けば飛べるそうですが。
高速滑走やアイスバーンは、それなりに走れます。

形状の違う3本を乗ってみたところ、ショートターンのしやすさや、アイスバーンでも安心して滑ることができるNEXTAGE NX12を気に入ってしまいました。

YONEXの板の場合、カーボンのコアは割れやすいという口コミを見かけるので、そのあたりをぶつけてみましたが、年々強度が増しているので、通常の使用で割れることはまずないそうです。
挙げるとすれば、高反発の板なので、キッカーで飛びすぎて着地に失敗して割ることがあるけれども、その場合は他のメーカの板でも割れるということです。
同じ衝撃をウッドコアにも与えた場合、割れていないだけで、スノーボードとしては使い物にならない状態だそうです。

帰ってから、早速注文しました。
楽天で送料込63,840円です。


前回からブーツの中がビショビショになるので調べてみたら、パックリと穴が開いていました。
まだ購入から1年経過していないので、ショップに持ち込んでみます。

スポンサード リンク

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。