炊飯器で干し芋 三日間天日干し

干し芋が食べたくなることがあるんですが、市販品は値が張るので、自分で作ることにしました。
スーパーで1本100円くらいの、蜜が出ているものを買ってきては作っています。

干し芋は炊飯器を使うと比較的簡単にできます。
参考にしたレシピはこちら。

簡単♪自家製☆ほしいも☆の作り方
http://cookpad.com/recipe/731461

手順としては、
1.炊飯器に水とサツマイモを放り込んで炊飯ボタン
2.保温になったら冷まして薄く切る
3.外に三日間くらい干したらできあがり

注意点としては、天気予報で晴天が続くことを確認することと、加熱して柔らかくなった芋を薄く切るときに崩れないように注意すること。
柔らかいものの切り方に関しては、ためしてガッテンが参考になります。

研がなくても切れた!包丁テクニック感動編
http://www9.nhk.or.jp/gatten/archives/P20120711.html

要は、包丁で垂直方向に押しつぶすのではなくて、ノコギリのように水平方向に引くと、崩れにくく切ることができます。

干してるうちに表面が白くなってきますが、カビではなくて糖分なので、おいしい干し芋ができた証拠です。
天日干しが3日間だと、まだ水分が残っていて柔らかいです。
固めが好みの人は、もっと細かく切ったり、干す日数を増やせば良いと思います。


もっと手軽にしようと、電子レンジで加熱をしたこともあるのですが、独特のネバっこい食感は、長時間加熱しないと出てこないようです。
パサパサのボロボロになってしまい、味もおいしくないです。

スポンサード リンク

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。