干し芋失敗集

完成品を買ってきた方が安いんじゃないかってくらい、干し芋は失敗しています。


失敗というより、最初は加熱してから干すことを知らなかったです。
生のまま干したら、固くて不味いものができました。
破棄しましたが、砕いたら澱粉として使えたんでしょうか。


電子レンジで中まで加熱してからスライスして干しました。
干す前からパサパサのボロボロになっていました。干しても変わらず。
食べられなくはないですが、おいしくないです。


炊飯器で炊飯した後、3時間くらい保温して、冷まさずにスライスしました。
厚切りで、もともと筋張っていて美味しくない芋なので、かろうじて食べられる程度です。


まともな干し芋が成功した後に、作ったもの。
炊飯器で加熱後、冷ましてから薄くスライスまでは良かったですが、3日間くらい外に放置しておいたら、夜露でカビが生えました。
大きな芋で、網が足りずに皿の上に干したものは、裏面が乾燥しないので全滅です。
カビは乾燥しにくい中央から生えるようです。
外側の生えていない部分をおいしく食べました。

やはり、手間をかけないと美味しい干し芋はできないですね。

スポンサード リンク

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。