蔵王温泉 極寒の樹氷と源泉かけ流し

2月22日~24日まで蔵王温泉に行ってきました。
前日に東京から夜行バスで来ているので、初日の午前中からゲレンデで滑ることができます。
気持ち良い晴天で、青と白のコントラストが綺麗です。
蔵王 ダイヤモンドバレー
蔵王といえば樹氷が有名で、ロープウェイを2本乗り継いだ先の樹氷原で見られます。
地蔵山頂駅付近の気温は-13度。樹木が完全に隠れてしまって、まさにスノーモンスターです。
そんな雪のオブジェが並んでいるような異様な光景の中にコースがあります。
蔵王 樹氷蔵王 樹氷
ここぞとばかりにパノラマ撮影が威力を発揮します。
蔵王 樹氷
蔵王 樹氷
こんなに眺めがよかったのは初日の午前中だけで、かなり幸運でした。
午後から天候が悪くなり、2日目、3日目には暴風で前が見えないどころか、ロープウェイが止まってしまうこともありました。

地蔵山頂駅から少し歩くと、雪に埋もれたお地蔵様が居ます。
賽銭箱にスキー板が付いていて、吹雪の時は退避していました。
蔵王地蔵尊

蔵王温泉スキー場は基本的に圧雪コースです。
残念なのは複数の会社によって運営されている関係で、覚えづらい複雑なコースレイアウトと、接続に長いスケーティングを要することですね。
上ノ台から山頂に行くのに、何本もリフトを乗り継いだり、斜面を登ったり、客に優しいゲレンデとは言えません。
観光ができる魅力のあるゲレンデだけに、もったいないです。
蔵王 樹氷


基本的に初級・中級コースがほとんどの中で、最も難関なのが最大斜度38度の横倉の壁です。
上から見るより、下から見たほうが壮観でした。
コブ斜面ですが、それほど深くなかったので、スノーボードでも無事に下りられました。
見ていると、スキーヤーの板が外れて下まで滑落なんて悲惨なこともあるようです。
ボードはスキーのように外れる心配は無いですから、少々無茶しても大丈夫です。
横倉の壁

宿泊はホテル ハモンド たかみやという温泉宿でした。
24時間源泉かけ流しの趣のある温泉で雪見風呂が楽しめます。
温泉は綺麗な乳白色、加水や加温は一切なし、辺り一帯は硫黄の匂いがプンプンします。
国内有数の強酸性の湯で、ここはph1.7でした。
殺菌作用が強く、皮膚病などに効くようです。
洗い場の蛇口は硫黄で真っ黒になっています。
温泉に入りたては気にならないですが、次第にピリピリしてきます。
皮膚の薄いところから刺激が強くなり、表面が赤くなってきたので、長湯は危険かもしれません。
phで言えば、胃酸につかっているようなものですから。
ホテル ハモンド たかみや 内湯
露天風呂もあります。
外を歩くので行きは寒いですが、帰りはポカポカが持続してヌクヌク帰れます。
風呂を仕切っている丸太に少し隙間がありますが、隣を覗いちゃだめですよ。
ホテル ハモンド たかみや 外湯

このホテルは近くに売店が無いので、買い出しに少し歩きます。
途中でずんだ餅とくるみ餅を買いました。
ずんだは枝豆のことで、このあたりの郷土料理だそうです。
豆がほどよく荒く潰されていて、うまいです。
ずんだ餅

スポンサード リンク

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。