ベランダでにんにくを袋栽培してみた 230日間

ブログには載せていないですが、3年目になるにんにくの栽培です。
中国産の、ネットに入って3つで100円のものを、食べきれずに芽が出たものを植えたのが始まりです。
1年目は植木鉢、2年目はプランターで育てましたが、土の量が少なかったり、深さが足りなかったりで、満足できる大きさにならなかったため、今年は袋栽培で大きく育てます。
なお、10月から翌6月上旬くらいまで土を占拠するため、収穫後に夏野菜を考えていると、時期が遅めになってしまうので注意です。

2012/10/04
去年に収穫したにんにくの残りから、比較的大きなものを、水につけて発芽を促します。
garlic20121004

2012/10/06
根っこが生えて発芽を確認できたものから、土に植えます。
袋は去年初めての袋栽培でジャガイモを育てた時の宅配便の袋を使いました。
このときは良かったですが、収穫時には袋の耐久性がなくなってボロボロでした。
その点、培養土が入っていた袋は、まだ破れる気配がなく、丈夫です。

2012/10/13
発芽から10日もしないうちに、ここまで大きくなります。
最終的に、4本植えました。
garlic20121013

2012/11/10
発芽から1か月。
日照時間が短くなり、気温が下がってくると、成長は鈍化してきます。
このまま冬を超えます。
garlic20121110

2013/02/16
気温が暖かくなり始め、徐々に成長を始めます。

2012/03/09
土の量と深さを多くしたのが功を奏し、過去一番茎が太く、草丈が高くなりました。
草丈はピークで60cmくらいまで成長しました。
garlic20130309

2013/04/28
とう立ちを確認しました。
地下の玉に養分を行き渡らせるため、気付いたら早めに折ってしまいます。
折ったものはにんにくの芽として炒めて食しました。
garlic20130428

2013/05/26
葉が枯れだしたところで、掘り返して収穫します。
今までより一回り大きなものが採れました。
収穫したものは風通しの良いところで干して乾燥させます。
garlic20130526garlic20130526_2

スポンサード リンク

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。