ノートンセキュリティのデータプロテクタがe-Taxを遮断する

はじめに

国税庁の確定申告書等作成コーナーでe-Taxを利用しようとしたところ、ノートンセキュリティに引っ掛かったので、対応策を残しておきます。

現象1

デスクトップに事前準備セットアップ(jizen_setup.exe)を保存してセットアップを行うと「機能転送エラー」が発生。

セキュリティ履歴を見ると、データプロテクタが遮断しているようなので、「プロセスの除外」をクリックして、再度セットアップしましたが、変わりません。
よく見ると、対象のファイル名が毎回変わっています。そのためにプロセスの除外が機能していないようです。

ノートンセキュリティを開いて、「設定」-「ウイルス対策」-「データプロテクタ」を選択して、データプロテクタを「オフ」にして「適用する」、期間はとりあえず15分にしてから再度セットアップすると、セットアップは成功しました。

現象2

確定申告の入力作業が終わり、送信する際にもデータプロテクタが遮断するために、送信完了できません。
こちらは対象のファイル名が固定なので、「プロセスの除外」をクリックして、再度送信操作を行えば、送信できます。

スポンサード リンク

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。